プレM&A(M&A前の)コンサルティング

for Sell-Side(将来M&Aによる事業・法人の第三者への売却の可能性のある方)

今直ぐにではないが、将来的に、M&Aにて事業・企業を売却の可能性がある、或いは、M&Aが選択肢の一つとお考えの経営者様もおられると思います。
今直ぐにM&Aではない理由として、

  • 足元の業績が悪い(赤字、債務超過)
  • 後継者が承継してくるか、或いは承継させるべきか定まらない
  • 株主構成が複雑で、株主間調整が必要
  • 大きな事業リスクを抱えている
  • M&Aに対する不安
  • 足元は堅調だが、先行き不安がある

などがあると思います。

一方で、実際にM&Aにて事業・企業の売却を明確にご決断なされたお客様の中には、様々な問題があり、折角ご決断を頂いたのに、直ぐにM&Aとして売却できない方も少ないという事実もあります。
様々な問題とは、

  • 書類・管理の不備
  • 借入過多
  • 過去の不明瞭会計・不要な契約がある
  • 株主間の調整不足
  • 買い手側から見て取得したいと思う魅力的な部分が不足している
  • 売却をお考えのオーナー様(代表者様)の業績に与える影響が大き過ぎる

などです。

これらのギャップを解消するため、弊社では、プレM&Aコンサルティングサービスを提供しております。
将来的なM&Aに備えて、決断されたときに、いつでもベストな状態で、M&Aのマーケットに出すことができるように、ご支援させていただきます。
ベストな状態とは、集約するとM&Aのスキーム(条件・手法)を決定する、そして、買い手側が欲しいと思う事業・企業にしておくことなのですが、これらは、M&Aを結局選択しなかった場合でも決して無駄になることではなく、どの戦略を選択するにしろ、必ず御社価値を高めるものです。

ご支援の内容も、バックオフィス(管理体制)の整備だけでなく、企業・事業戦略、マーケティング戦略などプロフィットエンジンとなる成長戦略支援もいたします。


サービスインまでの流れ



for Buy-Side(将来M&Aによる事業・法人の取得の可能性のある方)

成長戦略として、M&Aが重要な選択肢であるということをお考えの中小企業経営者様も多いと思います。
一方で、それは理解しているが、、、、とM&Aに対して躊躇している経営者様が多いことも事実です。
そのような経営者様のお悩みの多くは以下の通りだと思います。

  • M&Aに対する不安(どういう流れで進んでいくのか?留意すべき点は?)
  • 自社の成長戦略に本当にM&Aが必要なのかスッキリしない
  • どの価格で取得するべきなのかモヤモヤしている
  • 既にM&Aにて取得をしている中小企業がどのような意思決定と組織でM&Aに対応しているのか知りたい

弊社のコンサルティングサービスでは、M&Aに対する理解、考え方、M&A戦略の構築、案件取得方法、組織体制(M&A部隊)の構築を支援し、安心して本格的にM&Aによる成長戦略に着手できるように支援して参ります。


サービスインまでの流れ



担当コンサルタント


私達が直接コンサルティングいたします。

代表取締役パートナー 松原 良太

松原良太
青山学院大学経済学部 卒業
オーストラリアボンド大学 大学院 経営学修士課程(MBA)修了

都市銀行、不動産デベロッパー、IT関連、住宅関連会社取締役を経験後、
2007年株式会社ビザインを代表取締役パートナーとして設立。
中小企業の友好的M&Aへの理解・普及活動、M&Aアドバイザー養成を手がける。
その他、AMD CAPITAL MANAGEMENTの代表取締役、一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会の理事も務める。

代表取締役パートナー 早嶋 聡史

早嶋聡史
九州工業大学 情報工学部 機械システム工学科 卒業
オーストラリア ボンド大学 大学院 経営学修士課程(MBA) 修了

横河電機株式会社において、R&D(研究開発部門)、海外マーケティングを経験後、株式会社ビズ・ナビ&カンパニーを設立、中堅中小企業の戦略コンサルティングに従事。
2007年株式会社ビザインを代表取締役パートナーとして設立。
専門分野は、企業戦略、マーケティング戦略、コーポレートファイナンス。