従業員への事業承継

事業・企業をご子息・親族・全くの第三者ではなく、幹部・従業員に承継する。

ご自身の引退に伴い、事業を承継したいのだが、ご子息親族に後継者がない。
さりとて、全くの第三者に譲渡するのも不安。。。
全くの第三者に譲渡するのであれば、幹部や従業員に譲渡したい。。。

しかし、どうすれば。。。

という経営者様のためのサービスです。
事業・企業を幹部や従業員に譲渡する場合の問題点は、一般的に以下の通り。


  1. 継承したい幹部・従業員にまったくその気がない。
  2. 承継には、経営の承継と所有の承継(株の買取資金)がある。幹部・従業員に資金がない。
  3. 債務保証の問題がある。
  4. 承継した後の経営が不安。

しかし、いずれの問題も、当事者と専門家が真剣に検討し、考えているだけでなく、動くことで、多くは解決が可能です。

事業・企業をご子息・親族・全くの第三者ではなく、幹部・従業員に承継したいとお考えの経営者様
是非、以下よりお気軽にご相談くださいませ(ご相談は無料です)。

【お問い合わせ先】
こちらからお願いします。